ひきこもり支援者ネットワーク勉強会

山口市ひきこもり支援者ネットワークの勉強会を行いました。

山口市内のひきこもり支援に関わる関係機関が集まって
「山口市ひきこもり支援者ネットワーク」という場を2か月に1回もっています。

9月8日はその勉強会でした。

講師は前回に引き続き、NPO法人ふらっとコミュニティ 山根 俊恵さん

宇部市でひきこもりの方たちの居場所を運営し
ひきこもりのご家族に対しての家族心理教育なども行っておられます。

今回は家族支援のあり方について
事例も出しながら具体的な関わりや支援のプロセスなどを
お話していただきました。

家族を1つのシステムとしてとらえて
家族の向こうにいる本人に間接的に支援していくこと、
ただ待つのではなく、積極的に待つということ
家族心理教室という小集団の場の必要性など
具体的な内容はとても参考になりました。

また今回は、地域包括支援センターや
不登校の方の支援をしておられる団体の方も
参加してくださいました。

ひきこもりという課題に取り組んでいくために
今後も横の連携を進めていきたいと思います。