公開講座「ひきこもりのご家族のための生活設計」を開催しました!

7月12日に公開講座
「ひきこもりのご家族のための生活設計
子どもの生活を守るため、親として今からできること」を開催しました。

講師はファイナンシャル・プランナーの中村 恒瑛さん

生活設計の考え方の基本や現状の確認の仕方から
今後困ってくると想定されることなどを
具体的にお話していただきました。

親自身の生活設計と、親が亡くなり子どもだけになった時の生活設計
それを見据えていくために

・子どものために使えるお金を把握する
・ライフイベント表で突発的に起こる支出を考える
・お金が使えるように備えておく

こういったことが必要とのことでした。

以外と抜けている視点が、
残されたお金を使えるようにしているかというもの。

保険金は請求がする必要があったり
賃料収入も管理する必要があったり
その時には親自身に判断能力が不十分になっていたするかもしれない
そんな様々なリスクも考えて、備えておくためにも
専門家への相談をお勧めされました。

参加された方からは
「これからどのような行動をしたらいかを整理できました」
「感情論ではなく問題を整理することで、不安が少し減り、
前向きにやることが見つかる様に思いました」などの
感想をいただきました。

 

ファイナンシャル・プランナーによる個別相談
7月25日(土)、8月9日(日)ともに若干空きがあります。

ご希望の方は、支えてねットワークまでご連絡ください。
TEL/FAX:083-984-3742