【第34号】小さな変化の見つけ方

風が日増しに温かくなり
花壇や河川敷などではきれいな色の花が
目を楽しませてくれるようになってきました。

ちょっとしたことが季節の変化を感じさせてくれます。

新型コロナウイルスの影響で社会は停滞気味ですが
いつの間にか季節は春ですね。

小さな変化は目に見えるものもあれば
朝 肌に感じる風だったり、夕方の日の長さだったり、
花粉だったりと様々です。

同じように見える日常も、日々の変化は必ずあります。

 

家族から本人に、小さな働きかけを続けていると
「そういえば最近は」と変化に気づくことがあります。

わかりやすい変化もあれば
そうと意識してみないとわからないものもあるかもしれません。

・家の中で家族と会っても避けなくなった
・外出したついでに家族の分の買い物をして来た
・頼みごとをしてきた
なんて、分りやすいものもあれば

 

・昼間に部屋から生活音が聞こえるようになった
・部屋の窓を開けていた
・会話の中で自分の気持ちを言うようになった
なんて地味に気づく変化もあるでしょう。

「この数年間、なにも変わりません」と言われる方もあります。

まずは、あいさつや何気ない会話といった
小さな働きかけを続けてみてください。

そして、小さなことにも心を配って振り返ってみると
意外と変化はあるのではないかななんて思います。

季節の変化を感じつつ、そんな視点でも
本人との関係を見てみてもらえたらと思います。