不安な気持ち

【第33号】不安な気持ち

コロナウィルス感染症に関連して
この先なにがどうなるか分らない、不安な状況ですね。

スーパーでトイレットペーパーがなくなったり
学校が急に休みになって対応に追われたり
それにイライラする人が増えたり
自分ではどうすることもできないことがいきなり起こって
混乱している状況と感じています。

こんな状況では何をどうしたらいいのか分らない
もしなにかしても、次の日には別の判断を求められることに
なったりするんじゃないか、私はそんな感覚になっています。

「何をどうしたらいいか分らず一歩が踏み出せない」
ひきこもっている人がよく思うことです。

私が、今どんな行動をするのがいいのかわからないと感じている感覚は
ひきこもりの人が感じている感覚と通じるものがあるのでは
なんて思っています。

ああしろ、こうしろと言うけど、明日になったら
違うことを言いだすんじゃないか
社会に対して、そんな不信感をもっている時は
一歩踏み出すのに躊躇してしまう。

でも判断しないと出遅れてしまうという不安も
一方では感じています。

和の家で利用者さんと話をしていると
その時、そんなふうに考えていたんだと思うことがあります。

全部が全部、理解できる理屈ではないにしても
感情の部分では納得できることもあります。

そう考えてみると
「そんなふうに感じているとしたら、不安よね」
なんて、相手の気持ちを受け止めてみることが
できるかもしれません。

本人と話をするときに
ちょっと気にしてみてもらえたらと思います。