3

7月13日に山口市ひきこもり支援者ネットワークの勉強会で
ひきこもりの元当事者の話を聞く会をもちました。

元当事者の方3名にご協力いただき、オンラインも交えながら
ひきこもっている時期はどんなふうに過ごし、何を考えていたか
家族との関係性や支援者に望むことなど
ご自分の体験をもとにお話していただきました。

一言にひきこもりと言っても、その背景などは様々です。

ひきこもっていた時期の過ごし方、家族との会話
いろいろ掘り下げて聞いていきました。

共通する部分があるとすれば
ひきこもっていた時期は不安や焦りに襲われ
現実逃避をするかのように何かに没頭して
他のことが考えられないようにしていたといったことや
家族には、ありのままに受け止めてもらいたいと思っている
といった部分なのかなと思いました。

「フィルターを通してではなく、そのまま接して欲しかった」
という言葉がありました。

ひきこもりという現象は、ある日突然起こるわけではなく
本人の中では、日々の積み重ねの中で必然として起こっている
日常の連続の中にあるもののだと改めて思いました。

そして、支援者という役割の存在だけでなく
家庭教師やバイト先の人、自動車学校の先生、甥っ子姪っ子
いろんな人達の影響を受けながら
人は変化していくのだと感じました。

支援のあり方にヒントや示唆をもらえる勉強会でした。