いいとこを探してみよう

【第9号】 いいとこを探してみよう

 

先日あった「家族のつどい」
支えてねットワークを利用されている方や
ご相談に来られた方のご家族が集まり
日頃の情報交換する中で
「家族が元気でないとね」
という言葉がたくさんでてきていました。

 

一方、本人のことについては
私達が聞くと
「頑張ってるな~」
「すごいな~」と思うことも
家族からすると、当たり前と
思われているんだなと
感じることが多くありました。

 

身内のことは厳しめに
みてしまうというのは
しょうがないことなのかもしれませんね。

 

ついついあれができてない
これもできていないと思ってしまいますが
できていることや、がんばっていることに
目を向けてみるというのはいかがでしょうか?

 

小さなことでいいので
本人のいいところや
やってくれたことなど
そういったことに目を向ける。

 

そして、気付いたらそれを言葉にして
伝えてもらいたいと思います。

 

「食器を下げてくれてありがとう」
「留守番してくれて助かったよ」
「パソコンでの調べものに頼りになる」
なんてことでもいいんです。

 

本人は自分のことをダメな人間だと思いがちです。

 

なので、家族の方がそういう捉え方を意識して
しっかり本人に伝えてもらいたいと思います。