本人となにを話したらいい?

【第4号】本人となにを話したらいい?

ひきこもり状態になると
本人との会話が極端に減ってしまう
そんなご家庭が多いようです。

腫れ物に触るような感じで
何を話したらいいかわからない
話そうとすると説教めいたことを
言ってしまいそう
会話が減ってしまうのには
いろんな理由があると思います。

話しかけても、本人が無視するから
自然と話しかけなくなった
なんてのもあるでしょうね。

そんな状態で、何を話したらいいか
わからないという時は
日常のたあいもない会話を
大切にされることをお勧めしています。

基本は挨拶

まずは、「おはよう」「おやすみ」などを
意識して声をかけてみる。

本人が無視しても気にせずに!

それにもう一言
「今日は天気がいいよ」とか
「寒くなるから温かくして寝えよ」とか
添えるといいかもしれません。

毎日、声かけすることで
家族が本人に関心をもっていることを
伝えることにつながります。

反応がないと、本人は声かけされるのが
嫌なんだろうと思うかもしれませんが
そこであきらめずに
続けていただきたいです。