• イメージ画像:ひきこもりを社会へ
  • 写真:支えてねットワーク活動
  • 写真:支えてねットワーク活動

さまざまな個性を受け入れられる社会の実現を目指して

認定 NPO 法人支えてねットワークは、 山口県山口市秋穂を拠点として、「社会復帰したいと思っていても、
どこに相談しても公的制度の支援を受けられず、流れ着いていた」ひきこもりの方々やそのご家族などの支援を 中心に
長年活動を続けてきました。

「山口でひきこもりから脱したい人すべての社会復帰を実現する」というミッションのもと
心身に障がいを持つ方、ひきこもり状態にある方達へ居場所の提供や、就労体験等
回復段階に応じた支援と本人らしさをみつけるための応援をしています。

ひきこもりを取り巻く現状

2010年に内閣府が実施したひきこもりに関する実態調査では、15歳~39歳の人口のうち
100人に1.57人がひきこもりと言われています。

山口県には約1万2000人
山口市には約1,800人のひきこもりの人達がいると推測されます。(人口比で推計)

genjou1

支えてねットワークの取り組み

ひきこもりの人達がひきこもり状態から回復していく過程では、相談から外出トレーニング、就労体験、インターンといった
一連の流れでの切れ目のない支援が必要となりますが、現状の公的支援には制度の狭間があります。

当法人では公的支援では対応できない狭間にも対応し、切れ目のない支援を行っています。

初期相談

ひきこもりからの回復のきっかけがつかめず困っている人達に対し、ひきこもりから抜け出す為の入り口として相談が出来ます。

外出トレーニング

生活リズムを整える目的や次へのステップへの体力作りなど、居場所機能としての「和の家」への外出トレーニングを行います。

就労トレーニング

就労を希望する人達にとって安心して就労体験のできる、体力作りや人間関係の広がりや人付き合いの練習が出来る場所です。

企業インターン

心の準備が出来てから実際の会社などで働く練習を行います。 本人なりの働き方や目標を見つけ仕事へのマッチングを行います。

利用者・卒業生の声

利用者・卒業生の声

利用を希望される方へ

対象

・身体障がい・知的障がい・精神障がいなど心や生活に障がいを持つ方々

・ひきこもり状態にある方、または、これから社会に出ていきたいと希望しておられる方々

応援してくださる方へ

私達が目指しているひきこもり支援は、社会制度の狭間で公的な支援体制がほとんどない状況です。
そのため、活動のほとんどは皆様からの会費や寄附・助成金等でまかない活動しています。

個人の方へ

当法人への寄附は税制優遇の対象となり、確定申告により寄附金から2,000円を引いた額の最大50%の控除を受けることができます。

企業の方へ

当法人への寄附は、損金算入できる限度額が拡大されます。